MENU

「しじみサプリは肝臓におすすめ!」

しじみは日本人にとってなじみ深い食材ですよね。

 

お酒を飲んだ翌日の二日酔い対策はしじみ汁が定番なように、しじみが肝臓に良いことは昔からよく知られています。ただ、肝臓のためにもっと摂取したいけれど、しじみ汁以外での摂り方がわからない…なんて方も多いのではないでしょうか。

 

そんな方におすすめなのが、しじみの栄養成分がぎゅっと凝縮されたしじみサプリです。サプリなら食事方法に迷わず、しじみの栄養素を手軽に大量摂取することができます。今回は、しじみの栄養成分や肝臓への効果、しじみサプリについてご紹介していきたいと思います。

 

しじみの栄養成分

しじみには、オルニチンやタウリン、ビタミンB群、カルシウム、亜鉛、鉄分などの様々な栄養素が豊富に含まれています。これらの栄養素には、肝臓に対する効果だけでなく、体への様々な効果が期待できます。それぞれの栄養素についてどのような効果があるのかチェックしていきたいと思います。

 

しじみの栄養成分:オルニチン

しじみの栄養素の中で一番重要な成分は、アミノ酸の一種である「オルニチン」です。オルニチンは、マグロやチーズにも含まれている成分ですが、その中でもオルニチンの含有量がダントツに高いのがしじみなのです。オルニチンは、疲労の元となる有害なアンモニアを尿素に変える働きがあるため、肝臓の解毒作用を助け、負担を減らすとともに、疲労を回復させる効果があります。また、成長ホルモンの分泌を促す作用もあるため、基礎代謝が上がり、美肌効果やダイエット効果もあるといわれている成分なのです。

 

しじみの栄養成分:タウリン

タウリンは、魚介類に多く含まれる成分です。脂肪を分解する胆汁の主成分である胆汁酸の分泌量を増やす作用があり、中性脂肪の排出を促進することから、肝臓の負担を減らす効果があります。

 

しじみの栄養成分:ビタミンB群

しじみには、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸などのビタミンB群も豊富に含まれています。ビタミンB群は、疲労回復を助け、活発に活動するのに欠かせない栄養素です。中でも特に注目なのがビタミンB12です。ビタミンB12には造血作用があることから、貧血を防いでくれる効果があります。

 

しじみの栄養成分:鉄分

しじみには鉄分も豊富に含まれています。鉄分は食事から摂取しにくい栄養素ですが、しじみに含まれる鉄分はヘム鉄のため、体に吸収されやすい性質を持っています。鉄分は酸素を全身に運ぶ役割を担っているため、欠くことのできない重要な栄養素です。

 

しじみの栄養成分:カルシウム

しじみに含まれるカルシウムは、牛乳の約5倍の含有量があります。カルシウムは健康な骨や歯を作るのに欠かせない栄養素であるため、十分な量を摂取する必要があります。

 

しじみの栄養成分:亜鉛

しじみに含まれる亜鉛は、体内の新陳代謝に関連する重要な栄養素です。また、亜鉛はビタミンCとともにコラーゲンを生成します。このことから、亜鉛を摂取することによって、お肌のターンオーバーが活性化され、美肌につながるのです。さらに、亜鉛には、女性ホルモンの分泌を調節する機能もあることから、生理不順の改善にも効果的なのです。

 

しじみの摂取方法

しじみといえばしじみ汁くらいしか思い浮かばないですよね。しじみを生から調理しようとすると、砂抜きをしなくていはいけないし、殻があるからそんなに摂取できないし…そんな方のために、栄養成分豊富なしじみをしじみ汁以外で摂取する方法についてご紹介してみたいと思います。

 

ちなみに、しじみを生のまま摂取してしまうと、ビタミンB1を破壊するチアミナーゼという酵素が働いてしまい逆効果ですので、きちんと下処理をしてから摂取するようにしましょう。

 

冷凍しじみ

冷凍しじみは砂抜きがすでに済んだしじみを冷凍したものです。生のしじみよりもオルニチンの量が7〜8倍に増えるので、栄養素を効果的に摂取することができるのです。冷凍なので半年ほど保存することもでき、料理にも冷凍のまま使用することができるのでとても便利です。

 

乾燥しじみ

乾燥しじみはしじみを乾燥させたものです。乾燥したしじみは栄養成分が濃縮されるので、冷凍しじみ同様、生のしじみよりも効果的に栄養素を摂取することができます。炊き込みごはんやパスタの具にするのがおすすめです。また、そのままおやつとして食べるのも良いでしょう。

 

しじみサプリ

しじみサプリはしじみから出たエキスを濃縮して配合しているのでしじみの栄養素が凝縮されています。いつでも手軽に摂取することができるので、一番楽に、そして効果的にしじみの栄養素を摂取できる手段です。

 

しじみの推奨摂取量

しじみに含まれる最も重要な栄養素であるオルニチンの1日の目標摂取量は400〜1,000 mgとされていますので、この量からしじみの摂取量を考えてみましょう。この目標量を達成するには、オルニチン400mgでしじみ1,400個、オルニチン1,000mgでしじみ3,500個も摂取しなければなりません。これは現実的ではありませんね。ですから、しじみの成分が凝縮されたしじみサプリを摂取するのがおすすめなのです。

 

しじみサプリの選び方

ひとくちにしじみサプリといっても様々な種類が販売されています。いったいどれを選べばよいのか迷ってしまう方にしじみサプリの選び方について説明していきたいと思います。

 

有効成分の含有量

しじみの一番重要な成分であるオルニチンの量に着目して、しじみサプリを選ぶと良いでしょう。「しじみ○個分」など、わかりやすく表記してあるものは選びやすいですね。

 

原材料

しじみサプリの原料の産地や品種にも着目しましょう。海外産であっても、栄養価の高いしじみの品種の場合もありますので、よく吟味するようにしましょう。

 

価格

しじみサプリは継続して摂取することで効果が実感できます。あまりに高価なしじみサプリでは、継続し続けることが辛くなってしまうかもしれません。かといって、あまりに安価なしじみサプリでは原材料や有効成分の含有量に不安があります。したがって、質と値段のバランスの取れたしじみサプリを見極めるようにしましょう。

 

しじみサプリの摂取方法

しじみサプリは、お薬やほかの一般的なサプリと同様に、水かぬるま湯と一緒に摂取するのがおすすめです。コーヒーやジュース、お茶などと一緒に摂取した場合、しじみサプリに含まれる有効成分の効果が減弱してしまう可能性があります。また、二日酔い対策などでしじみサプリを摂取する場合には、アルコールを摂取した後だけでなく、摂取する前から飲むのが効果的です。

 

しじみサプリの副作用

しじみサプリに含まれるオルニチンは水溶性のため、尿や汗となって排出されますので、過剰に摂取されたとしてもオルニチンの作用が過剰に働くなどの副作用は起こりません。ただし、胃腸が弱っている場合には、胃痛や下痢などの不調を生じることがあるので、それぞれのしじみサプリの用法・用量通りに服用するようにしましょう。

 

最後に

しじみの栄養成分のパワーについてご理解いただけましたか。肝臓への効果だけでなく、体に色々な効果をもたらしてくれる一石二鳥のしじみ。しじみの栄養成分を効率的に摂取するにはしじみサプリが一番おすすめです。ぜひ今日からはじめましょう。